Ordinary Note

私生活から趣味まで・・・何でもない日常をそのままに。

念願のマイホーム建築へ!!失敗しない家づくり「すまい塾アプリ」を参考に住まいづくりの基本知識を身につける


f:id:tm_ordinary:20181105204052j:plain

 

2019年10月の消費税増税を懸念しての影響もあってか、現在銀行には

住宅ローンの借り入れを考えるお客さんが増えてきてるみたいですね。

 

一般的に考えれば消費税「 8% → 10% 」に変わるわけだし、夢のマイホームを持つ為には

金融機関で「数千万円」単位のお金を融資してもらわなければ家を建てる事なんて出来ないんですよね。

 

ましてや過去に例をみない低金利でもある今のタイミングで、消費税増税や金利上昇を前に

マイホームを建てようと思う人が増えているのも何ら不思議な事ではありません。

 

f:id:tm_ordinary:20181105165616j:plain

 

将来的にマイホームを持ちたいと夢見る方であれば、住宅を建てるにあたって

住まいづくりで知るべき事」は沢山あるし、何から手をつけていいのかも分からないものです。

 

そんな方にオススメなのが失敗しない家づくりをする為に、クイズ形式で大切なポイントを楽しく学べて

皆んなの意見も参考にできる「すまい塾」というアプリが分かりやすくて本当にお勧めです。

 
すまい塾アプリ
すまい塾アプリ
開発元:Sekisui House, Ltd.
無料 
posted withアプリーチ
 

 

 

失敗しない家づくりをする為には!?住まいづくりで知るべき7つのこと

 

f:id:tm_ordinary:20181103155055j:plain

 

すまい塾アプリでは 家づくりで知るべき項目が7つ用意されており、

それぞれの項目がクイズ形式に用意されているのが特徴です。

 

かしこい資金計画→【11問

間取り→【19問

快適な暮らし→【10問

安心・安全な住まい→【11問

インテリア・外観→【17問

ライフスタイル→【13問

アフターサポート→【9問

 

クイズに答える事でその内容に沿った回答と、どうすべきなのかが分かりやすく解説されていますので

何から手をつけていいのか分からない方でも安心して家づくりへの計画を立てる事ができると思います。

 

それでは失敗しない家づくりをする為の知るべき項目の1問目をそれぞれ見ていきましょう。

項目①:かしこい資金計画「家を建てようと思った時、先にすべきこと」

 

f:id:tm_ordinary:20181104105823p:plain

 

住宅資金は下記の3つより資金計画を建てる

 

  1. 自己資金(預金・資産)
  2. 親からの援助
  3. 金融機関からの借り入れ

 

家を立てる時、まず最初に考えなくてはいけないのが 、家を建てる為の「お金」の準備です。

自己資金を含め、家族に援助してもらえるお金を計算して、金融機関より融資してほしい

お金の資金計画をまず最初に考えなくてはいけません。

 

そして人生で一番の買い物と言えるマイホームの建築にあたり「理想の家に住みたい

という思いは誰もが抱いている事だと思います。

 

ですが、理想だけでは思い描くような家を建てる事は本当に難しいのが現実なんですよね。

 

家づくりは資金計画の中の予算内で家を建てなければいけない為「こんな風にしたい」という思いが

後々出てきても、予算が足りないようなら何処かを妥協しなければいけない場合が出てきます。

 

そうならない為にも、しっかりと資金計画を立てて、後悔のない住まいづくりを目指しましょう。

項目②:間取り「とりあえず欲しい部屋の大ざっぱな位置を決める」

 

f:id:tm_ordinary:20181104123742j:plain

 

間取りを決める時、一般的に優先順位の高い部屋から順番に場所を固定していきますが

正しくは「欲しい部屋の大ざっぱな位置を決める事から始める」ことが正解です。

 

家族の理想とする間取りはお互いの意見が合致しないとなかなか前に進みません。

 

ましてや、あーでもない・こーでもないと細かい配置を考えだすとキリがありませんので

大まかな配置をまず最初に考えて、業者さんの意見も参考にしつつ

打ち合わせを繰り返す中で少しずつ修正していけばいいと思います。

住まいのスペースをゾーンに分ける

 

f:id:tm_ordinary:20181104130233j:plain

 

  1. パブリックゾーン(家族以外の知り合いを招き入れる事があるリビングなど)
  2. プライベートゾーン(家族だけが出入りする場所・寝室や子供部屋など)
  3. ワークゾーン(キッチンや洗濯スペースなど)
  4. サニタリーゾーン(キッチン以外の水回り・トイレやお風呂など)

 

間取りで重要なのは生活で流れをスムーズにする為の「動線」を考えた上で

間取り(配置)を決めた方がいいのは皆さんもご存知だと思いますが、

どれだけ考えてもいい間取りが思い浮かばない場合はネットで探してみるのも1つです。

 

ネットやInstagramで「間取り」と検索すると参考になりそうな導線を意識した

間取りがたくさん出てきますので、自身のイメージと照らし合わせてみて

参考にしたい箇所は取り入れてみてもいいのではないかと思いますよ。

 

項目③:快適な暮らし「快適な室温を保ちたい・光熱費は抑えられる?」

 

f:id:tm_ordinary:20181104135734j:plain

 

光熱費を抑えられるのは断熱性能が高く省エネ設備機器を採用した家の場合になりますが

機器を採用する事で一年中快適な室温を保つことで、光熱費を抑える事が可能です。

 

f:id:tm_ordinary:20181104142129j:plain

 

季節毎に使用する冷暖房は使い続ければ、使った分だけ光熱費が高くなってしましますが、

断熱性能を高める事でエアコンなどのエネルギー消費量を抑える事が出来ますので

家計にも余裕が生まれ、日々の生活にかかるコストを減らす為には重要なポイントに。

 

今は昔と違って素材その物の品質や機能性が格段に上がっているので、最新の断熱材を

取り入れた上で照明をLEDに変えるなどして、エネルギー消費量をカットする事が可能になりました。

項目④:安心・安全な住まい「土地の性質を問わず基礎工事は同じ?」

 

f:id:tm_ordinary:20181104150949j:plain

 

家を建てる時にとても大切なのが地盤の特性です。これを知っておかないと、いくら建物が頑丈でも

地震などの際に建物が沈んでしまったり傾いてしまったりする事があります。

 

家を建てる前に大抵のハウスメーカーや工務店は地盤調査を行うと思いますが、

もしそのような話がなかったら、ご自身で地盤調査の依頼をして地盤にあった

基礎工事をしてもらうことが大切です。

 

f:id:tm_ordinary:20181104183101j:plain

 

 我が家も元々田んぼだった場所を埋め立てた土地を買ったので正にこのような感じです。

元々田んぼだった場所は地盤が軟弱な場合があるので地盤調査はしっかりと調査してもらいました。

 

地盤調査の費用は30万以上かかりましたが、地震などの災害で家が沈んだり傾いたりして

地盤調査以上のお金が必要になる事を考えれば、30万程度のお金は出すべきお金だと思いますので

家を建てるなら、もしもの事を考えて地盤調査はしっかり調査するようにして下さい。

項目⑤:インテリア・外観「一番好きな外観デザインはどれ?」

 

f:id:tm_ordinary:20181104192144j:plain

 

マイホームの外観デザインは家の「顔」とも言える大事な部分。人それぞれ好みがあり

外観デザインも「和」「洋」「モダン」「コンテンポラリー」と種類も様々です。

 

僕も住宅展示場へと足を運んで参考になるような家を見たり、街で見かけた

好みの家を見てはマイホームの外観デザインの参考にしていました。

 

街の家を見ただけでは決められないし、もっと色んな家を見てみたい場合は「雑誌」や

「ネット検索」「カタログ請求」で見つけた好みの家を参考に、現場監督に相談してみて

ココはこうしたいとか、自身のイメージを直接伝えてみてはいかがでしょうか。

 

すまい塾アプリ
すまい塾アプリ
開発元:Sekisui House, Ltd.
無料 
posted withアプリーチ
 

項目⑥:ライフスタイル「今の住まいで、より不満な点はどっち?」

 

f:id:tm_ordinary:20181103162803p:plain

 

「今の住まいで、より不満な点はどっち?」という1つ目の質問で現在の家は収納する

スペースが少なかったので「収納が少ない」と感じているのでこちらを選びました。

 

質問の回答に対して「すまい塾」が出すアドバイスは、住む人全員の荷物の「量」を把握し

どこに何を収納するのかの「場」を決め、どのような「スタイル」で収納するのかを考える事が

大切だと説いています。

 

ウォークインクローゼットにするなり、オープンな棚で見せる収納にするなど

物に応じた収納のかたちがスッキリとした収納を実現させるはずです。

みんなの回答でも半数以上が収納が少ないと感じている

 

f:id:tm_ordinary:20181103185733j:plain

 

質問の問いに対して、世間の回答は半数以上の人が収納が少ないと不満を抱いている事が分かります。

昨年マイホームを建てて、実感している個人的な意見としては、現状は2人で住むから

収納スペースはそこまでいらないという安易な考えで収納スペースを広くとっていなかったんですよね。

 

中でもリビングの収納スペースには、もっと広く場所を取ればよかったと後悔しています。

現在2人で住む予定であったとしても家族の集う場所でもあるリビングには家族が増えれば

何かと「物が一番増える・収納を必要とする場所」なので収納スペースは大きいくらいが

後々後悔しないと思いますよ。 

 項目⑦:アフターサポート「家を長く快適に保つには?」

 

f:id:tm_ordinary:20181105000048j:plain

 

新築住宅を立てて、最初は綺麗な家も長く住み続ける事で「外壁」や「屋根」は

必然的にメンテナンスが必要になってくる家も出てきます。

 

外壁や屋根は直接雨に触れる箇所なので、錆が出てきたり外壁の塗装が剥がれたりと

特に念入りにメンテナンスを考えなければいけない場所でもあります。

 

家を建てた後もしっかりと定期点検を実施してくれるハウスメーカーや

工務店を選ぶ事で新築の美しさを長く保つ上で非常に大切な事です。

 

もし不具合が起きた時の交換や修理含めたアフターサービスを実施してくれる業者を

選ぶか、選ばないかでは、今後長く住み続ける上で大きな違いが生じますので、

マイホームを建てる際は「アフターサポート」についても業者に聞いてみるといいと思いますよ。

失敗しない家づくりを「すまい塾」を参考に理想の住まいをつくる

 

f:id:tm_ordinary:20181105165501j:plain

 

すまい塾アプリ」は、住まいづくりのポイントが手軽に分かり、質問に答えるだけで

住まいづくりの基礎知識が身につきます。

 

書店で住宅に関する専門書を購入して勉強するのも良い事だと思いますが、人によっては

内容が難しかったり、文字が多くて最後まで読む事ができない人もいるのではないかと思います。

 

そうなってしまえば、基礎知識すらも頭に入らず、失敗する事も多くなりますので、

失敗を出来る限り減らす為にも、まずは手軽で楽しく家づくりに関する事を勉強できる

すまい塾アプリ」を使って家づくりの基礎知識を身につけてみてはいかがでしょうか。

 

f:id:tm_ordinary:20181105173336j:plain

 

アプリ内のマイページには、気になった項目を「お気に入り」でチェックしておけば

いつでも記事内容を再確認する事も可能です。

 

その他には「理想のインテリア診断」や「ローンのシュミレーション」もできますので

一通り読み進めた上で、気になる方はこちらも合わせて診断してみて下さい。

 

これからマイホームの建築を考えている方は家づくりの基礎知識を手軽で楽しく学べる

「すまい塾アプリ」を参考にする事で、今後の家づくりに参考になる事がきっとあるはずです。

 

興味のある方は下記「積水ハウス公式アプリ」より無料ダウンロードできますので

詳しくは「すまい塾アプリ」より確認してみて下さいね。

 

すまい塾アプリ

すまい塾アプリ
開発元:Sekisui House, Ltd.
無料 
posted withアプリーチ